ZOZOTOWN前澤社長、ツイッターで1億円のお年玉プレゼントを宣言し、リツイート数300万超え

株式会社「ZOZO」代表取締役社長・前澤友作氏が1月5日夜、自身のツイッターで「100人に100万円をプレゼントする」と宣言し、当該ツイートは1月6日には300万リツイート(再投稿)を突破し、国内史上最高とみられる数字を記録したことが報道されました。

 

プロ野球参入や月旅行計画など、常人では想像もつかない発想を次々と公表する前澤氏が2019年の1発目に出したアイデアは、「総額1億円プレゼント」。

 

前澤氏は1月5日午後10時35分にツイッターを更新。

 

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の新春セールが史上最速で取扱高100億円を突破したことを記念して「僕個人から100名様に100万円を現金でプレゼントします」と書き込みました。

 

条件は、1月7日までに前澤氏のツイッターをフォローした上で当該ツイートをリツイート(再投稿)するだけ。

 

選考方法や発表の時期などは明記していませんが、当選者には前澤氏からダイレクトメッセージが届くとのこと。

 

ZOZOのイベントの一環とみなされると100万円は「一時所得」となり、所得税が引かれることになります。

 

ツイッターのアカウントさえ持っていれば、誰でも参加できることからフォロワー数とリツイート数は急増。

 

フォロワーは1月6日未明に100万人、同日昼頃には200万人を突破し、7日午前0時現在では346万人となっているそうです。

 

リツイート数も300万を突破しており、これは1つのツイートに対するものとしては、国内最高とみられます。

 

リツイートのコメントを観ると具体的な1億円の使い方を書いている方が多いですね。

 

今日まで大丈夫ですので、チャレンジされては如何ですか。