USEN契約店でアリペイ決済OKに 進む電子マネー

有線放送で有名なUSEN―NEXT HOLDINGSは、国内の飲食店やホテルなどで中国版スマートフォン決済「支付宝(アリペイ)」「微信支付(ウィーチャットペイ)」を使えるようにすると報道されました。

 

秋以降、USENが有線放送サービスなどで顧客店舗に設置している決済端末や、ホテル向けの自動精算機にアリペイやウィーチャットペイの決済機能を組み込むというもの。

 

アリペイとウィーチャットペイはそれぞれ中国アリババ集団と騰訊控股(テンセント)が運営しており、中国国内で利用者がそれぞれ5億人を超えています。USENが提携した「ラカラ」は両社に対応した決済端末を約500万店舗に販売しており、年間流通総額は約30兆円に達するとのこと。

 

USENは主力の有線放送のなどで飲食店やホテルなど約40万店舗と契約しており、これらで消費する訪日中国人観光客をとらえたいというニーズが高い。

 

利用できる店舗が一挙に増えることで、電子マネーが一挙に進みますね。