S&P試算で、台風保険金 2兆円超 

米格付け会社のS&Pグローバル・レーティングは、9月に発生した台風15号と10月の台風19号による日本の損害保険会社の保険金支払額に関する試算を発表し、支払額が全体で2兆円を超える可能性があり、損保各社の収益性低下の要因になるとしていることが報じられました。