SOMPO 信金対策に新事業 「サイバー攻撃のリスク診断」わスタート

損害保険大手のSOMPOホールディングスは、信用金庫を対象にインターネットバンキングなどがサイバー攻撃を受けやすいかどうか、リスクを診断する事業を9月から始めたと明らかにしたことが報じられました。

 

資金や人材が不足している小規模な地域金融機関の不正アクセス対策が急務になっており、全国257の信金のうち約70がリスク診断を利用する検討を始めているそうです。

事業を手掛けるのは傘下のSOMPOリスクマネジメントで、専門エンジニアが信金のウェブサイトのリスクを診断します。

 

問題が見つかれば、サイトを修正し、暗証番号や口座残高などの情報が流出することを防ぎます。

海外ではサイバー攻撃によって、経済活動を支える重要なインフラの金融システムが凍結する事態が発生していて、金融庁は金融機関に対策強化を求めています。