MS&AD AIで健康リスク予測するサービス スタート

MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は、企業向けに社員の健康リスクを人工知能(AI)で予測するサービスを2019年度から始めることが報じられました。

社員が病気で休業した際に所得を補償する保険も提供し、企業の「健康経営」を後押しするとのことです。