MS&AD 感染症BCP作成後押し

三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険、MS&ADインターリスク総研は、中堅・中小企業向けに「感染症BCP(事業継続計画)作成支援ツール」を開発したことが報じられました。

 

自然災害に比べてBCPの策定率が低い感染症を想定したBCP作成を後押しします。

 

三井住友海上などが開発したBCP作成支援ツールは、新型コロナウイルス感染症に限らず、新たな感染症にも対応できるもので営業店が無料提供します。

 

同ツールに備えた解説を参考に、ひな型を埋めれば、最低限必要な対応項目を網羅することが可能で、BCP作成の専任部隊を置けない中小企業でも作成しやすくしたものです。

 

感染症の発生から収束までの対応事項を整理し、感染予防に必要な資材の事前準備についても分かるようにしてあるそうです。