MS&AD 保険とIT融合のための技術開発ファンド設立 

MS&ADインシュアランスグループホールディングス(HD)はスタートアップ向けの投資ファンドを設立したことが報じられました。

 

保険とIT(情報技術)が融合する「インシュアテック」への対応が重要な経営課題で、ノウハウの囲い込みに動きます。

 

7月に投資枠8000万ドル(約90億円)のファンドを新たに設け、損害保険業界のスタートアップ向けファンドでは最大規模となります。