KDDI 眼鏡型端末開発へ

KDDIはアメリカの企業と提携して、独自のメガネ型端末やサービスの開発に乗り出すことになったと報道されました。

 

メガネ型の端末は、目の前に映し出された映像や情報を手で操作できるもので、産業やゲームなどの分野で活用されています。

KDDIは新たに開発するメガネ型端末と今より格段に速い次世代通信の「5G」を組み合わせたサービスを展開する計画です。

具体的には競技場でスポーツ観戦をしながらチームや選手の詳しいデータを調べたり、車を運転しながらルートや混雑状況を確認したりできるサービスなどを検討することにしています。