JTBが店舗2割削減へ JTBの旧来型店舗モデルが転機を迎えている

JTBが国内の店舗数を5年間で2割減らすことが報じられました。

 

新型コロナウイルスの感染長期化で旅行取扱高は低迷する中、政府が旅行代金を補助する「Go To トラベル」事業でも大手の旅行予約サイトの利用が進み、新型コロナ以前からのオンラインへのシフトが一層顕著になっています。

 

長年、国内の旅行業界をけん引してきたJTBの旧来型店舗モデルは大きな転機を迎えていると報じていました。