JR山手線で自動運転導入に向けた走行試験実施

JR東日本が7日、運転士が乗務しない自動運転の導入に向けた走行試験を東京の山手線で行ったことが報道されました。

 

自動運転の走行試験は、JR東日本が開発を進めているATO=自動列車運転装置を備えた「E235系」の車両を使い、終電後の山手線で行われました。

今回の走行試験では運転士は立ち会いましたが、出発の操作のあとは、運転台のレバーに触れることなく速度の調整や各駅の停車が自動で行われました。

JR東日本は将来的な人手不足に備えるため、おととしプロジェクトチームを立ち上げ、運転士が乗務しない自動運転の導入に向けた検討を進めています。

社員の年齢構成を見ると、去年4月の時点で旧国鉄時代に採用された55歳以上が4分の1近くを占めているのに対し、民営化の前後の時期は採用を抑えていたため、45歳から54歳の層が1割程度にとどまっています。

このため、社員の多い年齢層が定年を迎えて退職したあと、近い将来、運転士や車掌などの不足が見込まれています。