IMF 今年の経済成長率マイナス3%に

IMF=国際通貨基金は、ことしの世界全体の経済成長率について、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、マイナス3%まで大幅に落ち込むという見通しを発表し、1929年に始まった世界恐慌以降で最悪になるという認識を示したことが報じられました。

 

IMFは14日、最新の世界全体の経済成長率の見通しを発表し、ことし、2020年については、3か月前に示した予想のプラス3.3%から、一気に6.3ポイント引き下げてマイナス3%まで落ち込むとしています。

これは、未曽有の危機と呼ばれたリーマンショックの影響を受けた2009年のマイナス0.1%を大きく下回る水準です。

内訳をみますと、アメリカがマイナス5.9%と、1946年以来、74年ぶりの水準になるほか、中国はプラス1.2%と、1976年以来、44年ぶりの低い成長が見込まれています。

そして日本はマイナス5.2%と、2009年以来、11年ぶりの低い水準になるとしています。

このほか、ヨーロッパでは、イタリアはマイナス9.1%、ドイツがマイナス7%、イギリスがマイナス6.5%に落ち込む見通しです。