AIG 12月3日に上場廃止

取引量が減少したため、AIGが上場廃止を申請していたもの。
東証に上場する外国企業は1991年をピークに減少が続いており、AIG株の廃止後は5社となる見込み。