AIG損保、サイバーリスク分析・診断サービス、顧客企業に無償提供

AIG損害保険は、企業のサイバーリスクを分析・診断するサービスを12月から始めることが報じられました。

 

業種や事業規模、自社のシステム環境といった質問に答えるだけで、企業が抱えるサイバーリスクの度合いや、サイバー攻撃を受けた際の事業への影響などが分かるというサービスで、保険の販売代理店を通じ、顧客企業を中心に無償で提供するというもの。

 

分析を受けた企業は、推奨する対策やグラフ化した分析リポートなども受け取れ、企業はリポートをもとに自社が抱えるサイバーリスクに対し、対策を取ることができます。

 

分析に使うデータベースはリスク環境に合わせて更新するため、サイバー保険の更新時などに再度診断を受けることで、環境に合わせて自社のサイバー対策を見直すこともできます。

 

サービスは企業からの要望を受けて米AIG本社が開発したものです。