70歳就業 来年4月から 企業に努力義務

厚生労働省は、高齢者が希望すれば70歳まで働き続けられる制度の整備について、2021年4月から企業の努力義務とすることを決めたことが報じられました。

 

定年後の継続雇用のほか、起業したり、フリーランスとして働いたりする場合にも継続的に業務委託することなどを雇用先の企業に求めます。

 

公的年金の支給水準の低下や健康で長生きする高齢者の増加を見据え、年齢に関わらず働き続けやすい環境を整えるというものです。