70歳以上の人口の占める割合が総人口の20%超え 

総務省は17日の敬老の日に合わせ、65歳以上の日本の高齢者の推計人口(9月15日現在)を発表しました。

 

団塊の世代が2017年から70歳を迎え始めたことで、70歳以上が前年に比べ100万人増の2618万人となり、総人口に占める割合は20・7%と初めて20%を超えました。

65歳以上と定義される高齢者人口は、前年比44万人増の3557万人。

総人口に占める割合は0・4ポイント増の28・1%と過去最高を更新しました。

 

高齢者のうち、80歳以上は31万人増の1104万人(総人口の8・7%)、90歳以上は14万人増の219万人(同1・7%)と2年連続で200万人を超えました。