5月の訪日客 対前年同月比99.9%減  

先月、日本を訪れた外国人旅行者は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で推計で1700人にとどまり、1か月間の旅行者数としては、4月をさらに下回って過去最少を更新したことが報じられました。

 

去年と比べた減少率は、2か月連続で99.9%と、記録的な落ち込みとなりました。

 

日本政府観光局によりますと先月、日本を訪れた外国人旅行者は、推計で1700人にとどまり、277万人だった去年の同じ月と比べて99.9%減りました。

1か月間の旅行者数としては、1964年の統計開始以来、初めて1万人を下回った4月よりもさらに減って過去最少を更新しました。旅行者の減少は8か月連続で減少幅は、ことし3月は93%、4月と5月は99.9%と記録的な落ち込みが続いています。

国や地域別では、アメリカが50人、中国とインドが30人、韓国とフランスが20人にとどまりました。

台湾やタイ、ドイツ、カナダやオーストラリアなど幅広い国と地域で10人を下回りました。

外国人旅行者数の統計には、観光客以外にも留学生や技能実習生も含まれていて、今回の場合は、もともと日本に住んでいた外国人が再入国したケースがほとんどとみられます。

減少の背景には、日本政府が感染拡大を防ぐために現在、世界111の国と地域を対象に、外国人の入国を拒否するなど、引き続き、厳しい水際対策をとっていることがあります。

政府は感染状況などを考慮して、タイ、ベトナムなどの4か国と制限の緩和に向けた協議を行っていますが、旅行者数の回復には、時間がかかる見込みです。