3メガ銀行、来春の新卒採用 2割減

3メガバンクが2020年4月入社の新卒採用数を計1800人程度とし、19年4月予定に比べ2割以上、減らす方針であることが報じられました。

 

ネットバンキングやキャッシュレスの普及で店舗で必要な人員が減少。

 

業務を効率的にするIT(情報技術)の導入も進み、採用数はピーク時の3分の1に落ち込むことになります。

 

長引く低金利や異業種の参入で経営環境は厳しく、人員配置を最適にして生産性を高めることが求められています。