2040年に就業者の5人に1人が高齢者に

働く人の5人に1人が高齢者という時代が訪れようとしていると報道されました。

 

厚生労働省が15日に公表した就業者の長期推計によると、経済が成長して働く女性や高齢者が増える場合、2040年には就業者に占める65歳以上の割合が2割近くになり、一方で医療や福祉を除くと多くの業種で働き手が減ると報告されました。

 

高齢者が働きやすくするには、在宅勤務などをしやすくするデジタル技術の開発や社内制度の整備が必要とも報告されています。

 

報告書は「ライフステージや希望に応じて就業できる環境の整備が急務」とも指摘しています。