2019年4月~9月期の生保各社の中間決算発表 外貨建て保険販売減で9社中5社が減収 7社が減益

国内の主な生命保険会社の2019年4~9月期決算が出そろて、売上高に相当する保険料等収入は9社グループのうち5社が減収だったことが報じられました。

 

海外で金利低下が進んだことで、これまで各社の主力商品となっていた外貨建て保険の利率が低下し、販売が落ち込んだ影響が大きいとていました。

 

本業のもうけを示す基礎利益も、運用環境の厳しさなどから7社が減益だったことも報じられました。