2018年4月~12月期決算で、大手損保2社が増益

大手損害保険3グループが14日発表した2018年4~12月期連結決算は、海外の自然災害が少なかった影響で海外事業が回復し、東京海上ホールディングス(HD)とMS&ADインシュアランスグループHDの2社が最終増益だったことか報じられました。

 

国内は大型台風などで保険金の支払いが膨らんだが、災害に備えた準備金の取り崩しで補ったものです。