14歳以下の子どもの数 39年連続減 総人口の12.0% 

総務省がまとめた4月1日時点の人口推計によると、外国人を含む14歳以下の子どもの数は前年より20万人少ない1512万人で、39年連続で減少したことが報じられました。

 

総人口に占める割合は12.0%で46年連続の低下。

 

いずれも比較可能な1950年以降の過去最低を更新し、少子化に歯止めがかかっていません。

内訳は男子が774万人で、女子の738万人を上回りました。

 

3歳ごとの区分では年齢層が下がるほど減少しており、12~14歳が321万人なのに対し、0~2歳は275万人と、少子化の加速を示しています。

国連人口統計年鑑によると、推計時点は異なるものの、人口4千万人以上の32カ国のうち、日本の子どもの割合12.0%は韓国の12.4%を下回り最低でした。

 

人口に占める子どもの割合は、沖縄の16.9%が最高で、最も低いのは秋田の9.8%と、比較可能な1970年以降、全国で初めて10%を下回りました。

子どもの数は、1954年の2989万人をピークに減少。第2次ベビーブーム(71~74年)の前後は増えたが、1982年から減り続けています。