高齢者外出支援の車の保険で新しい仕組みを損保ジャパンが作ってNPOを支援

バスやタクシーなどが少ない過疎の地域では、自治体の委託でNPO法人などが車を出して、高齢者の外出を手伝っていますが、自動車保険の支払いがNPOの負担になっていることから、損保ジャパン社が保険料を安く抑える新しい仕組みをつくったことが報じられました。

バスやタクシーなどの交通手段が少ない過疎の地域の中には、地元の自治体からの委託でNPO法人が車を運行し、高齢者の外出や買い物を支援するところもあります。

自動車保険の保険料は、通常は車を所有するNPOが払いますが、事故を起こすと保険料が上がって負担が大きくなるため、NPOの運営に支障がでてしまう場合もあります。

そこで損保ジャパン社は、NPOの負担を軽くする新たな保険の仕組みをつくり、NPOの車に自治体も保険をかけられるようにしました。

高齢者を乗せている最中に事故を起こした場合は、自治体の保険を使い、NPOの保険料の負担が増えないようにします。

自動車保険は1つの車に複数の保険をかけることはできませんが、金融庁の特別な認可を得たということです。

来年にも、岡山県内の複数の市町村が導入を予定しているということで、新しい保険の仕組みが過疎地に住む高齢者の支援につながるか、注目されます。