高齢者だけが従業員のスタバ登場 メキシコの話ですが

メキシコで、高齢者だけが従業員として働くスターバックスが登場したと報道されました。

 

メキシコでは年々、高齢化が進んでいて、自活を促す取り組みとして注目が集まっています。

 

この店舗は、首都メキシコシティーに先月、オープン。

従業員は皆、高齢者で、指導役のスタッフに教わりながらコーヒーを注いだり、商品を包んで陳列したりと楽しそうに仕事をしています。

メキシコ政府の高齢者対策を担当する機関とアメリカの大手コーヒーチェーンのスターバックスが、高齢者の社会参加を促そうと共同で始めました。

スターバックスは年末までに120人の高齢者を雇用したいとしていて、こうした取り組みによって高齢者の社会参加を加速させ、自活を促すことができるのか注目されています。