電車内や駅での迷惑行為の1位は「リュックの持ち方」

電車内や駅でどんな行為が迷惑と感じるか。

 

鉄道各社が加盟する団体では、毎年、アンケート調査を行っていますが、今年度、「荷物の持ち方・置き方」が初めて1位となりました。

 

アンケートは、全国の民間鉄道会社73社が加盟する日本民営鉄道協会が毎年、ホームページで行っていて、今年度は2686人が回答しました。

 

駅や電車内で迷惑と感じる行為について複数選択式で尋ねたところ、「荷物の持ち方・置き方」が最も多くなりました。

2位は「騒々しい会話・はしゃぎまわり」、3位は「座席の座り方」でした。

 

迷惑行為のアンケートでは、「荷物の持ち方・置き方」は9年前の平成21年度は12位でしたが、一昨年度は4位に、昨年度は3位と上位となり、今年度9年連続トップだった「騒々しい会話・はしゃぎまわり」を抑えて初めて1位となりました。

 

背景には、ビジネスリュックで通勤する人が増えたことで、混み合った車内でぶつかったり圧迫されたりして不快に思うケースが多くあるとみられます。

こうした状況を受けて鉄道会社各社は、周囲に迷惑がかからないよう、リュックは前にかかえるか、網棚を使うなどポスターやアナウンスで呼びかけています。