銀行貸出金利、過去最低を更新 5月の新規貸出金利の平均は0.576%

国内銀行が企業や個人にお金を貸す際の金利が一段と低下していることが報じられました。

 

5月の新規貸出金利は平均0.576%と前月より0.131ポイント低く、2018年2月以来1年3カ月ぶりに過去最低を更新しました。

 

日銀の金融緩和や世界的な景気減速懸念で指標となる国債利回りが低下しているほか、地方銀行を中心に融資競争が激しくなっていることが背景にあると報じられてました。