銀行窓販の外貨建て保険 急減

銀行の窓口で扱う外貨建て保険が急減していると報じられました。

 

米ドルや豪ドルなど外貨建て商品は銀行窓販での取り扱いが増えていましたが、19年度は3年ぶりの減少に転じる見通しとなりました。

 

リスクを十分認識しないまま購入した顧客からの苦情が目立ち、金融庁が問題視しています。

 

生保にとって銀行窓販は有力な販路で、戦略の見直しを迫られることになります。