銀行員の年間給与、2年連続で前年を下回る

大手銀行と地方銀行(未上場を含む)の2017年度の年間平均給与が前年度比0.96%減の609万円と、2年連続で前年を下回ったことが報道されました。

 

東京商工リサーチが集計したものですが、低金利の長期化が銀行の収益力を弱め、従業員の給与にも影響を与えているとみられると論じていました。

平均給与は基本給と賞与、基準外賃金の合計。91行中8割近い70行が前年を下回った。

 

大手行が0.18%減の757万8000円、地銀は1.32%減の623万9000円、第二地銀は0.46%減の554万2000円で、海外展開を進める大手行に対し、市場規模が小さい地域経済を基盤とする地銀、第二地銀の苦境が目立っています。