銀行員、全国で3600人減少

銀行員の数が大きく減っていることが報じられました。

 

東京商工リサーチによると、全国81行の行員数は3月末で22万3778人となり、2018年度の1年間で3629人減ったそうです。

 

比較可能な05年度以降で最大の減少で、AI導入による事務自動化等で新卒採用を抑制した影響が大きいとしています。