銀行の送金手数料に公取委がメス

長く変わってこなかった銀行の振込手数料にメスが入る公算が大きくなってきたことが報じられました。

 

銀行とフィンテック企業の対立を発端として2019年から金融インフラの調査に入った公正取引委員会は、振込手数料のコスト構造を問題の核心だとみているとのことです。

 

日本の金融インフラは転機を迎えつつあると論じていました。