銀行と自治体との蜜月関係が崩れ始める 公金の収納や支払いを一手に引き受ける指定金融機関を辞退

銀行と地方自治体との蜜月関係が崩れ始めたと報じられました。

 

公金の収納や支払いを一手に引き受ける指定金融機関(指定金)で、三菱UFJ銀行は近畿地方を中心に10市ほどで指定を辞退するそうです。

 

手数料の大幅な減免で手厚く優遇してきた一方、公金預金の運用や地方債の引き受けといった資金取引の収益が超低金利で減ったことが要因で、三菱UFJ銀の例は自治体取引がもはや聖域ではなく、採算をドライに見極める銀行が増えてくることを示していると報じしていました。