銀行が自ら企業の後継者確保へ 

山口県では、後継者が決まっていない企業の割合が7割に上るという調査結果もあり、地元の金融機関は後継者不足で融資している優良企業の廃業が広がりかねないと危機感を募らせていますが、こうした中、山口フィナンシャルグループは、銀行みずから地元企業の後継者を確保しようと、「サーチファンド」という全国初の手法で新たな経営者の発掘を進めていることが報じられました。

山口フィナンシャルグループが、後継者が見つからない土木工事会社にサーチファンドの活用を提案し、銀行が発掘した後継者に経営が継承されたことが紹介されていました。