金融庁と日銀、大手行の耐性を共同審査へ

金融庁と日銀は大手行を対象に、財務の健全性を測るストレステストを共同で実施することが報じられました。

 

これまで各行がつくる独自の想定に委ねてきましたが、両当局がつくる共通シナリオに基づいて結果を検証します。

 

海外収益の比率が高まるなか、英国の欧州連合(EU)離脱など海外発のリスクの影響を受けやすくなっており、各行の課題を洗い出し、金融システム全体の安定性向上につなげる意向です。