金融庁、銀行が地域商社をつくりやすいように規制見直しに

金融庁は銀行が地域商社をつくりやすいように9月にも規制を見直すことが報じられました。

 

監督指針で銀行が取り組める事業範囲を明確にし、地方銀行に設立を促します。

 

投資子会社を通じた事業会社への出資規制も緩和します。

 

商社が地元産品の販路を開拓したり、中小企業の経営相談に乗ったりすれば、地銀の収益源や融資先は増えると期待されるとしています。

 

地域商社は地銀の活路になるとみて環境を整えると報じていました。