金融庁、キャッシュレス業者を集中検査へ

金融庁はキャッシュレス送金・決済を手がける資金移動業者を対象に、立ち入りを含めた集中検査を始めることが報じられました。

 

不正利用が相次いでいることを受け、システムの安全性や利用者保護、マネーロンダリング(資金洗浄)対策などの内部管理体制が十分かどうかを重点的に点検するとのことです。

 

不備が見つかれば行政処分を検討するとしています。