金融庁 保険会社といった機関投資家の行動指針にESG投資を重視するよう明記へ

金融庁は、保険会社や信託銀行などの機関投資家の行動指針(スチュワードシップ・コード)を2020年春に改定し、ESG(環境・社会・統治)投資を重視する内容を初めて明記することが報じられました。

 

強制力はありませんが、投資決定にどのようにESGの観点を考慮するか示すよう求めるものです。

 

先行する欧州だけでなく、国内でも企業価値の向上に欠かせない要素と認識され始めており、指針で普及を後押しする方針です。

 

金融庁は12月11日の有識者会議で改定案を示すとのこと。