郵便局員 短期「ヒホガエ」で販売実績稼ぎ

かんぽ生命の保険を売る郵便局員が、契約者に対して保険をかける相手(被保険者)を短期間で変えさせる手口で、販売実績稼ぎをしたとみられることがわかったと報じられました。

 

「ヒホガエ」と呼ばれるそうです。

 

契約者は変更時の途中解約で少額の返戻金しかもらえぬ一方、局員は手当をもらえるため、「ヒホガエ」が使われていたとのこと。