道の駅に訪日客ホテル 

世界ホテル最大手の米マリオット・インターナショナルと積水ハウスは、地方の「道の駅」に併設して訪日外国人客向けホテルを展開すると報じられました。

 

自治体と連携して各地の特産品や文化を生かして集客するとのこと。

 

2020年以後にまず京都府などを手始めに全国で約15施設を設けるそうです。

 

政府は訪日客を年間4000万人受け入れる目標を掲げるが、地方の宿泊施設の整備は遅れており、両社は農村部などを訪れるリピーターなどの需要を開拓するとしています。

 

道の家といった自治体の施設にこうしたものが導入される傾向がありますね。

 

保険ショップが出たら面白いですが、採算は分からないですね。