軽減税率を追い風に外食各社が宅配サービス強化へ

外食各社が相次ぎ、宅配サービスを強化していることが報じられました。

 

共働き世帯の増加に加え、10月の消費増税時の軽減税率の適用対象で、宅配需要の拡大が見込めるためです。

 

米ウーバーテクノロジーズや楽天などの料理宅配サービスの利用も増えており、人手不足で収益環境が厳しいなか、外食各社は宅配をテコに状況を反転させたい考えです。