車は持たない時代へ 高級車の新車リーススタート

ドイツの高級車メーカーの新車を一定期間で乗り換えることができるリースサービスが始まったことが報道されました。

 

サービスを始めたのは中古車販売店の「ガリバー」などを運営するIDOMです。

この会社では最短で3か月ごとに中古車を乗り換えることができるリース事業を展開していますが、今回、新たにドイツのBMWとMINIブランドの新車を対象に加え、サービスを拡大することになりました。

新しいサービスでは走行距離が5000キロに到達した場合に次の新車に乗り換えることができます。利用料金は、月額の定額で車種によって7万9800円から20万円となっていて、30代から40代の男性を中心に需要を見込んでいるということです。

車を所有せずに、車のリースや1台の車を複数の人で共有するカーシェアリングの利用が広がる中、新車を一定期間で乗り換えるという新たな利用方法が注目されています。

今回、この会社が新たなサービスに乗り出した背景には、2年前から中古車のリースサービスを行う中で、利用者から最新のモデルや高級車にも乗ってみたいという声が寄せられたことがあります。

このサービスの特徴は、一定の条件を満たせば、定額料金を支払うだけで、車の乗り換えができる点で、ライフスタイルの変化に合わせながら、より多くの人に車に乗る楽しさを知ってもらいたいという狙いがあります。

こうした高級車の新車を定額で乗り換えるサービスは、欧米ではすでに展開されているということです。

今回のサービスで使われた新車は、この会社の店舗で中古車として販売したり、中古車のリース事業に活用したりするということです。