調査不十分の批判を受けて かんぽ販売再開 見送りへ

日本郵政グループが自粛しているかんぽ生命保険の保険商品の販売について、10月1日に予定していた再開を断念する方針であることが分かったと一斉に報じられました。

 

不利益を被った疑いのある契約者への実態調査や再発防止のための体制強化が道半ばであることから、監督官庁の総務省や金融庁などで再開を疑問視する声が強まり、方針を一転させたものです。

 

かんぽ商品の再開時期は来年1月が候補に挙がっているといいます。

 

郵政グループは8月末に7月中旬から自粛しているかんぽ商品の販売を10月から段階的に再開する方針を表明しましたが、調査や対策などが十分に進まないままでの再開を決めたことに対し、販売優先の企業姿勢という批判が社内外で強くあがり、再開を強行すれば、顧客や社員らに不信感を与えると判断したものです。