調剤薬局に出店の保険ショップの誘客に「ヘルスジャッジ」

調剤薬局に保険ショップを出店し、地元のお客様に寄り添い、体と心と財布の健康を提供するいうコンセプトでスタートしています「みんなの健康ラウンジ」での誘客に、「ヘルスジャッジ」をトライアル採用してみました。

 

専用タブレットを使って、幾つかのヘルスジャッジを受けることが出来ます。

 

例えば、「食事診断」。

 

 

午前中の来店者には「昨晩の夕食」の内容を、午後ご来店のお客様には「今日のランチ」の内容をお聞きして、食事診断を行うというものです。

 

 

主食やおかず等々を入力していくと。。。。

 

 

栄養バランスシートが出てきます。

 

食事の栄養の内容についても画面から詳細を確認できますので、お客様と一緒に入力しながら、十分、会話が出来るようになっています。

 

そして、一食のヘルシースコアが表示されます。

 

 

健康について、食事をベースに色々な話題が振れるツールとなります。

 

10分程度は会話が出来ますので、なかなか有効かと思い、トライアル使用を決めました。

 

複数店でトライアルして検証してみたいと思います。

 

誘客、会話作りのツールは探せば見つかります。

 

保険営業もPDCAサイクルを回さないと結果には結び付きませんよね。