認知症保険 大手参入で競争激化

2019年の認知症保険市場は競争が激化しそうだと報じられました。

 

認知症保険は16年に太陽生命保険が業界に先駆けて商品化、これまで中小生保会社を中心に参入が相次いできました。

 

長寿化に伴って認知症が社会課題となる中で、各社は堅調な販売を続けていますが、18年11月、第一生命保険が大手で初めて商品投入を表明したことで構図が一変しました。

認知症保険は保障対象を認知症に絞ることで保障を手厚くしながらも、保険料を抑えた商品。

 

従来の保険は死亡や病気による入院などを幅広く保障するものが一般的です。

 

高齢者が大幅に増加する25年の認知症患者は、今の約1・5倍の約700万人に増加するとの試算があります。

 

全国民の65歳以上の5人に1人が認知症患者になる計算です。

 

認知症患者の急増を受けて、保険で万が一の経済的な負担の増加に備えようとする意識が高まっています。

従来の認知症保険は認知症と診断された際の一時金の支給などが主流だったが、高度なヘルスケア技術を取り入れながら認知症の早期発見や予防などを支援する商品が目立つようになってきました。

 

第一生命も新商品に目の動きで認知症を早期発見するサービスを付帯させました。

 

別の大手を含め認知症保険への参入は今後も続く見通し。

 

競争激化の中で、保障以外の付加価値をどれだけ充実させて訴求できるか。これが販売の成否を大きく左右しそうだと論知られています。