認知症カフェ 80%超再開できず

全国におよそ7000か所ある、認知症の人とその家族が集い悩みを相談できる「認知症カフェ」について、厚生労働省などが初めて行った調査で、回答があっただけでも80%を超える認知症カフェが、新型コロナウイルスの感染拡大で再開に踏み切れず、利用者に影響が広がっていることが分かったことが報じられました。

 

「認知症カフェ」は、初期の認知症の人とその家族の孤立を防ぎ、心理的な負担を減らそうと、地域や専門家とつながり悩みを相談できる場で、おととし時点で全国に7000か所余り設置されています。

この認知症カフェへの新型コロナウイルスの影響について、厚生労働省は、専門家のグループに委託して全国の自治体を対象に初めて調査を行い、およそ70%に当たる1240余りの自治体から回答を得ました。

その結果、ことし8月末時点で、自治体が状況を把握していたおよそ6000の認知症カフェのうち、83%が新型コロナウイルスの影響で再開に踏み切れていないことが分かりました。

理由については、開催場所が高齢者施設だったため使用できなくなったほか、利用者の多くが80代以上で、飲食も伴うため、感染のリスクを排除できないことを挙げるところが目立ちました。

カフェの休止に伴い認知症の人とその家族に影響があったかについては、23%の自治体が「支障があった」と答え、外出先を失い家にこもりがちになるケースや家族関係が悪化したり認知症の症状が進んだりしたとみられるケースがあったということです。