認知症の方が料理を配膳 「注文をまちがえる料理店」が厚労省内の食堂で開催

頼んだものと違う料理が来ても「ま、いっか」と受け止めてください。

 

認知症の高齢者たちが働く「注文をまちがえる料理店」が、厚生労働省にオープンしたことが報じられました。

 

「注文をまちがえる料理店」は、介護現場や飲食店など、さまざまな業界で働く人たちで作る民間の団体が各地で開いている催しです。

今回は厚生労働省の庁舎内にある中国料理店で、3月4日と5日の2日間開かれ、4日夜は65歳から91歳の認知症の当事者7人が、スタッフとして働きました。

スタッフたちは注文を取って料理を配膳しますが、どこのテーブルに運ぶのか何度も確認したり、客に聞いたりしながら、注文を間違えないようにして仕事を進めていました。

認知症の高齢者は2025年には700万人と、高齢者の5人に1人に上ると推計され、認知症になっても普通の暮らしができる社会づくりが大きな課題となっています。

70代の女性スタッフは「うまくできたような気がしますが、よくわからないです」と笑顔で話していました。

催しを開いた団体の理事長は「『認知症になったら間違えることもあるよね』と、寛大な心で社会全体が受け入れられるよう活動を広げていきた認知症のい」と話しています。