認知機能の早期判断に参入相次ぐ

2030年には世界で7500万人まで増えるとされる認知症患者。

 

従来は医師の問診しか判別方法がなかったが、視線や生活動作から兆候を見つける手法をJVCケンウッドやエーザイなどが開発したことが報じられました。

 

早期に予防や治療に取り組めば発症を遅らすことができます。

 

2兆ドル(約220兆円)とも推計される巨大市場の開拓に向け、早期発見技術の開発が加速しています。