証券、地銀囲い込みを競う

証券会社が地方銀行と提携し、陣営づくりを競っていると報じられました。

 

SBIホールディングス(HD)は地銀と共同持ち株会社をつくり、提携先を増やし、東海東京フィナンシャル・ホールディングス(FH)は有力地銀と共同出資で証券会社を立ち上げています。

 

地方の富裕層を開拓する狙いで、資産運用やフィンテックで強みを持つ証券と地銀の連携が進めば、地域金融の勢力図が変わる可能性もあると報じていました。