西新宿で自動運転タクシー 公道走行実証実験

東京・西新宿エリアで、自動運転のタクシーを公道走行させる実証実験が始まったことが報じられました。

 

損保ジャパンやティアフォー(名古屋市)などの5社と同エリアの街づくりを進める「新宿副都心エリア環境改善委員会」が11月8日まで実施します。

 

実験では次世代通信規格「5G」を活用し、乗客を想定したモニターがアプリを使って配車し、都庁周辺の既定コースを走行するそうです。

 

ドライバーが乗った車両のほか、運転席が無人の車両も導入するそうで、緊急時には遠隔操作などで安全性を確保するとのことです。

 

乗車体験してみたいですね。