自賠責保険料 2020年度に3年ぶりに1割前後引き下げに

自動車損害賠償責任保険(自賠責)の保険料が2020年度に引き下げられる見通しになったことが報じられました。

 

保険料の下げは17年4月以来3年ぶりで、下げ幅は1割前後になる方向。

 

損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構で検討を始めており、来年1月にも開く金融庁の審議会を経て正式に決まるそうです。

 

自動ブレーキなど安全装備の普及に伴う人身事故の減少を反映するものです。