自由化から20年 証券会社に迫る手数料ゼロ 証券会社に試練

証券会社が株式売買手数料に頼る収益モデルから脱却できていないと報じられました。

 

1999年の手数料自由化から20年の節目となる2019年4~9月期の業績が31日に出そろい、主要19社のうち17社で最終損益が減益または赤字になりました。

 

手数料ゼロの流れが先行する米国を見据え、SBIホールディングスは将来の「ゼロ化」を明言しました。

 

経営環境が急速に変化することは避けられず、証券各社は備えを迫られていると報じられていました。