自宅で処方薬の購入 広がる

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた規制緩和で、自宅から処方薬(医療用医薬品)を購入できる「オンライン服薬指導」の利用が徐々に広がっていることが報じられました

 

9月予定だった解禁が、コロナ対策で2月末に一部前倒しされ、さらに4月13日からは医師の診察から薬の購入まで初診者でも電話で済ませることが可能になったことで利便性が高まり、4月の利用が前月比で2倍になった調剤薬局もあると報じていました。

 

薬局各社は競争の機会ととらえて対応に知恵を絞っています。